前へ
次へ

子供の教育費をためる方法は地道な努力

子供の教育費用をためるのに、苦労するという話をよく耳にします。どんなやり方で貯めたらいいのかわからないという人も少なくありません。一般的にどれくらいの費用が掛かるのか知っておくことで、貯蓄するポイントを理解することができるでしょう。小学校から大学まですべて国公立で済ませる場合には、500万円程度で済ませることができます。高校まで効率、大学は私立に通わせる場合は、700万円前後、中学は効率、高校以降はすべて私立の場合、800万円から1千万円程度、中学から大学まですべて私立の場合、1千5百万円前後用意しておくことが一般的です。小学校からすべて私立の場合は、2千万円から3千万円程度必要と考えたほうがいいでしょう。もちろん私立といっても、費用が安いところもあります。しかし、高いところはかなりかかるため、子供が通いたいと思えるようなところに通わせることができるように、早めの貯蓄が必要です。なるべく積極的に貯蓄を考えているのであれば、先取貯金がいいでしょう。学資保険に毎月掛け金を払うのと同時に、常日頃から学費がもっとかかってもいいように先取貯金をしておくと急な出費に対応できます。給料が口座に振り込まれたら、即座に定期預金にできるように、積立貯金をしておくとためやすいです。金融機関に出かけてお金を引き落とすときにも、積立貯金をしてあればそれほど金額にこだわる必要はありません。残った分だけで生活ができるように常日頃から貯蓄を心がけておくことで、結果を引き出すことができます。また、国からもらえる児童手当や会社からもらえる家族手当なども、すべて学費として貯蓄をしておくことで、将来に役立てることができるでしょう。積み立て分以外で残った給料をやりくりできるよう心がけておくことで、無理せず貯蓄をすることができるようになります。人によっては子供のお年玉を教育費用に振り分けるという人もいますが、子供に「自分がもらったお金なのに使い込まれている」と勘違いさせるようなことがあってはいけません。子供のお年玉は子供の貯金通帳に入れて、大学進学時に渡すと納得してもらえるでしょう。なお、家計費で残った分もプラスすると確かに学費はたまりますが、その分ストレスもたまりますので、残った分は夫婦2人で使うことを考えておくとストレスなく貯められるでしょう。

https://xn--eckl3qmbc6976d2udy3ah35b.com/

フリーダム

https://www.matsuzaki-dc.com/implant

家丸ごとから部分リフォームまで岡山の工務店にお任せ

Page Top